これがあれば文句なし!税理士資格と一緒に取りたい資格!

税理士免許と合わせて取りたい資格

法人を相手にするならこの資格がおすすめ

世の中にはたくさんの仕事があり、中には資格が無いと就く事が出来ない仕事もあります。税理士も資格取得をした上で、一定期間の実務経験を経て始めて税理士と名乗る事が出来ます。毎年多くの方が試験に挑み、合格率はほんの10~12%程度の難関試験ですが多くの方が就きたいと思っている人気の職業です。
ちなみに税理士になるには長い時間や膨大な知識が必要ですし誰もが気軽に参加出来る訳ではありません。試験の応募資格は短大や大学卒業、大学3年次・専門学校卒業が条件です。この場合は外国の大学も含まれています。
その上で簿記検定合格、実務経験2年以上とかなりハードルが高くなります。簿記検定には年齢制限が無いので、学生の内に取得しておく方もいます。
試験の範囲も広く会計科目の簿記論、財務諸表論が必須科目で、酒税法・事業税・住民税・固定資産税法・相続税法・国税徴収法・消費税法が選択科目で、この中の3科目が合格条件で、各科目の60%以上で合格です。
試験に合格したら実務経験を2年以上経験する必要があり多くの方が事務所で経験を積みながらそのまま事務所に在籍するのか、独立するのかを決めます。
税に関わる業務の為、無くなる事が無く人気の職業ですが、近年では税理士の数が多過ぎる事が問題になっています。これから更に数が増える事が懸念され、ライバルと差をつけなければなりません。
そこでおすすめなのが税理士資格以外にも、資格取得する事で活躍出来るステージを広くする方法です。

おすすめリンク

国際税務の基礎知識

国際税務とはどのような仕事なのか?基礎知識についてわかりやすくご説明いたします。

税理士までの道のりを知る

せっかく難易度の高い税理士の試験に合格しても、職にありつけなければ意味がありません。 特に法人相手に商売をするのなら、自分がどのくらい優れた人物なのかをアピールする必要があります。社会保険労務士や中小企業診断士などがあれば、即戦力として重宝されます。

個人を含むオールマイティーにおすすめ

法人も良いけれど個人を相手に商売しようと思っている方におすすめの資格を紹介しています。 参入する業界にもよりますが、オールマイティーに活躍出来る資格が複数あれば、業界から引っ張りだこです。将来的に法人化しようと考える方におすすめの資格も紹介しています。

ちょっと特殊な業界に参入したい

ライバルの少ないブルーオーシャンに参入しようと考える方におすすめの資格もあります。 特殊な業界なので、多くの資格を持っていると重宝されるのは当然ですが、資産や税に関しては苦手意識を持っている方多く、継続的な契約を持ちかけられる事がほとんどなので狙い目です。