これがあれば文句なし!税理士資格と一緒に取りたい資格!

>

社会保険労務士ってどんな資格?

企業に勤める方のほとんどが加入している労働保険ですが、その加入手続きや確定申告を行っているのが社会保険労務士です。企業の中で働く人を守る職業で、賃金台帳作成なども行います。
この資格は税理士とも相性が良く、特に法人を相手に業務をするのなら社会保険労務士を取得しておく事をおすすめします。
この資格を取得するには税理士と同じく応募資格があります。短大、大学、高専卒業であれば受験可能ですが、税理士以上に難関なのがネックです。過去数年をさかのぼっても合格率は5~9%と低い様です。
しかし社会保険労務士は不況にも強く、人と企業がある限り無くなる事はありません。平均年収も500万円程度と、安定しているので難易度を取ってもおすすめの資格です。

中小企業診断士のススメ

近年メディアでも時折発している中小企業診断士と言う資格ですが、簡単に言うと中小企業専用の経営コンサルタントを指します。ビジネスに関する知識が付くので将来的に独立しようと考えている方にもおすすめの資格です。
ターゲットの企業がどうすればスキル、キャリアアップ出来るかを考えて効率的に経営を行う為に何をすればいいのか導いてくれます。
この資格は二次試験で構成されていて合格率は約20%程度で、超難関とまでは行きません。30~40代からこの資格を目指す方が多く、今後は更に大きく需要のある業種と言われています。
中小企業診断士は試験に合格した後、15日以上の実務経験が必要で実務補習も行っています。実務補習の受講料は約15万円ほどです。


税理士までの道のりを知る

この記事をシェアする