これがあれば文句なし!税理士資格と一緒に取りたい資格!

>

宅建は日本だからこそ有利になる?

知名度の高い資格でもある宅建ですが、正式な名称は宅地建物取引主任者です。住宅売買をする際に説明や手続きをする為の資格で、難易度も15~17%なので税理士試験よりもややハードルが低いです。中には独学でも試験に合格する方もいるので仕事をしながら宅建取得に励む方います。
ちなみに宅建のおすすめ理由ですが、日本と言うエリアだからこそと言われています。日本の資産家は土地を持っているケースがほとんどで、きっかけは税務だけれど土地活用や資産税に特化したい場合には、まとめて依頼出来るので重宝されます。
現に宅建と税理士免許を持っている方はまだまだ少なく、多くの場で活躍しています。個人と取引や商売を考えている方にぴったりの資格です。

難易度は高いけれどその分重宝される

弁護士免許は税理士と同じくらいの難易度且つ、食うには困らない仕事とも言われています。法律のプロなので人と社会がある限りなくなりませんし、税務の知識があれば相続争いや税務関係の訴訟にも対応可能です。
とは言っても法科大学院を修了する、または司法試験予備試験を合格している事が応募条件なので、ハードルが高いのも確かです。弁護士試験自体の合格率は20%ですが、司法試験予備試験の合格率は4%未満の超難関です。しかも司法試験予備試験は試験を受ける回数が決まっているので、トライし続ける事は出来ません。
しかし両方の資格取得をすると法律、税務のエキスパートとして箔が付くのでどんな業界でも食い扶持に困る事無く、働く事が出来ます。


個人を含むオールマイティーにおすすめ

この記事をシェアする